未来ユメ日記 by GG

夢、ゆめ、ユメ。未来に向けてユメを語ろう。教育・テクノロジー・地球の未来・歴史・ドラゴンズ・・定年退職を迎えた2012・4・1から、未来に向けてユメを紡ぐ

カテゴリ: 賢い子育て、やってる人はやっていた

【子ども服、安全規格を…フード・ひもなどが事故原因に

 「5歳の息子がジャングルジムで遊んでいたら、トレーナーのフードが鉄パイプに引っかかり、首をつった状態になった。すぐに抱き上げて助けたが、首にあざが残った」

 「小学6年生の息子が、長ズボンから垂れていた、すそ上げのひもを踏んで転び、右手首を骨折した」

 東京都が昨年初めて実施した「子どもの衣類にまつわる危害・危険調査」に寄せられた事故事例だ。
 調査は、1歳から12歳の子どものいる親1163人を対象に行われた。それによると、8割近い895人が子ども服が原因でけがをする危険を感じていたといい、そのうち192人が実際にけがをしていた。
 とくに〈1〉靴下やタイツが滑りやすくて転んだ〈2〉上着のファスナーで顔や首をひっかいた〈3〉上着についているひもが物にひっかかって転んだ――など、ファスナーやひもが原因になる場合が目立った。


 欧米では、政府などが子ども服に関連した事故情報を収集・分析し、再発防止につなげている。一方、日本では行政による安全対策はもちろん、実態調査もほとんど行われていない。

 子ども服のデザインによる事故の危険性がこれまで見落とされてきた原因の一つには、消費者側の「子どもの事故は親、とくに母親の不注意のせいにする」という風潮がある。


欧米では厳しく規制
 アメリカやイギリス、欧州連合(EU)では、子ども服に関する厳格な安全規格が定められている。

 アメリカでは1997年に安全規格が制定され、子ども向け上着には、フードや首の部分に引きひもをつけてはいけないことになった。その背景には、85年から約10年間で、上着の引きひもによって、死亡事故が17件、負傷事故が42件も起きているからだ。

 とくに細かい安全規格を定めているのはイギリスだ。〈1〉3歳以下の子ども用のパジャマにはフードをつけてはいけない〈2〉飾りであっても背中からひもがでるようなデザインにしてはいけない〈3〉3歳以下の子ども服には、14センチを超える装飾用ひもやリボンを取り付けてはいけない――などだ。

 2004年に定められたEUの安全規格では、7歳未満向けの子ども用衣類にフードや襟首にひもをつけてはいけない、などとしており、加盟国など28か国で適用されている。

JISで制定目指す動き
 一方、東京都の調査を受け、独立行政法人・産業技術総合研究所(東京)では、子ども用衣類のデザインに関する日本工業規格(JIS)を09年度までに制定することを目指している。】

 家の鍵や携帯電話のストラップを首にかけている子どもが多いが、外れないようにするあまりやたらと丈夫な紐を使っているケースがある。

 もしもなにかに引っかかった場合に、体重がかかったら切れるようにしておく必要があるのではないか。

 部分的に切れやすくしておくとか、一部にゴムを使うよう安全確保を呼びかけたい。


【バッグのひも、首に絡まり死亡=10歳男児、木登りで転落か−名古屋

 29日午後4時10分ごろ、名古屋市緑区西神の倉の「熊野北公園」で、近くに住む小学5年の男児(10)が、木からぶら下がっているような状態で見つかった。近所の住民らが確認したところ、肩から掛けていたショルダーバッグの本体部分が木の枝に引っ掛かり、ひも部分が首に絡んでいたという。男児は病院に搬送されたが、間もなく死亡。愛知県警緑署は木登りで足を滑らせ転落した際、ひもが首に食い込んだとみている。(時事通信)】

先週の月曜日の朝礼での話

 たくさん友達を作るためには、嫌われないようにしよう。
 なにをすると嫌われるか。
 1 嘘をつく
 2 約束を守らない
 3 暴力をふるう

 今年は、遊びやじゃれ合いの中で行われるものも含めて、とにかく暴力を防ぎたいと思っている。

 自分がされたらいやなことは、絶対にしないこと、それが大切。

 いよいよ子ども手当の支給が始まり、記事も増えてきました。
 予想通り、554人分もの申請をした人も現れたそうです。
 このテーマは、今後も続きそうです。

 見出新聞は、下からお読み下さい。

子ども手当 39自治体でも書類ミス 2万3100世帯に発送
子ども手当:韓国人男性、554人分申請 「孤児と養子縁組」、尼崎市不受理
使う?貯金? 子ども手当 動き出す
【土・日曜日に書く】論説委員・福島敏雄 「宵越しの銭」は使おう
【主張】舛添新党 自民は崩壊の危機直視を
なくそう! 子どもの貧困 子どもの貧困解決元年2010;池袋
もがく民主・自民両党 抱えるジレンマとは
子ども手当申請案内書発送 岡山市
子ども手当申請書を発送
〔アングル〕「新党ラッシュ」に海外勢が困惑、参院選は法人税減税の議論に関心
「子ども手当は貯金」 母親対象ネット調査
育児中のお父さん必見!かわいいわが子の写真アレンジ。
子ども手当書類、白糠町でもミス
天下りにメス!民主党の事業仕分け第2弾開始
大学進学の資金準備に特化した、貯蓄型学資年金保険
電通、小学生の本音を調査 「子ども自身が答えるインターネット調査手法」を実施
京都新聞
子ども手当支給へ
子ども手当 申請書類に不要な欄 釧路市、誤って作成
子ども手当 対象外にも書類送付 札幌市、確認せず
子ども手当:申請書発送 県内56万人が対象 /静岡
6月11日支給スタート 申請締め切りは5月14日 子ども手当で千葉市
県内25市町村の今年度普通会計当初予算
子ども手当 申請書にミス 釧路市

 「鈴見咲君高さんから紹介されたビデオをリンクしました。」というエントリーを書いたところ、次のようなコメントをいただいた。

【紹介者として名前を表示下さり恐縮です。
 このエントリの本題にちょっと踏み込みます。子供が見慣れない漢字に出会った時、「そんな字はだめだあ」ではなく単に「その字は何?」くらいの反応であってほしい、と私は思ったのですがayetownさんの趣旨としてもそれで合っていますか?】


 おやぢは、「そんな字はだめだ」よりは「その字はなに?」のほうが良いと思う。が、それよりもさらに進ませたい。
 積極的に自ら学習して、知識の蓄積をしてもらいたいと思うのだ。

 ところが自己規制が働いてしまっては、前向きのエネルギーが阻害される。

 自己規制は「人間の学び」について学校が果たす役割をどう考えるのかということとも関わっているのだろうな。

 学校や教師はまるでゼロから子どもに教育を与えているような気持ちになりがちだ。しかし、本当にそうなのだろうか?
 それはある意味で、「学校の呪術性」というものではないのだろうか? 

↑このページのトップヘ