秘密の学習法を、今回は大サービスしよう。

 一冊のノートを作る。これはちょっと高めのルーズリーフが良い。大切なノートだからね。
 できれば色違いのもう一冊のノートが欲しい。

 何をするかって?
 教科は関係がない。間違えた問題、分からなかった問題を手書きにしたり、テスト用紙から切り取って貼っていくのだ。それがお宝一号ファイル。
 もったいないと思わないで、一枚の紙に一問を書くと良い。
 手書きするときは大きめの字で書くべきだな。
 漢字や英単語などは、出来るだけ大きく書く方が良い

 不思議なことにこれだけの作業で、×をもらった問題のかなりが解けるようになっているはずだ。

 解けたり、出来たりしたら、しっかりと花丸でもつけてあげてお宝二号ファイルに引越しさせる。

 すると、まだ解けない問題が一号ファイルに残り、できたものが二号ファイルに貯まるということになる。

 試験の前にはどうするか分かるね。
 二号ファイルをぱらぱらめくってみると、
 「ああ、私はとても頭がいいのね」と思えるだろう。

 そして一号ファイルを開いて解けそうなものを解いてあげて、正しかったら二号行き。

 これが正しい学習方法だぜ