大津市の中学生の自殺事件でついに警察が動いた。
 この事件では、学校、教育委員会、市、警察と、煮え切らない対応が続き、マスコミの大騒ぎで市長が動いて、警察がやっと動き出したということだ。一個人、しかも保護者が出した被害届は無視しながら、大きな騒ぎになったら家宅捜索に踏み切るなんぞ、警察もいい加減だなあ。それにしても、家宅捜索で何か出るのだろうか?と、首をかしげてしまう。なんだかパフォーマンスに見えて仕方がない。
 私は最近まで学校にいた者としてマスコミや世論のに首をかしげたいところはある。教育は二択では和割り切れないところがあるからだ。いじめがあったかなかったか?いじめが原因で死んだのか?といった疑問には、そう簡単に答えられるものではない。