日本ユニシスは1月19日、電気自動車向け充電スタンドの位置情報や空き情報をカーナビで提供する実証実験を同日より開始すると発表した。

 日本ユニシスでは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)向けの充電インフラシステムサービス「smart oasis」を開発しており、これらの自動車の導入および普及に積極的な地域で社会実証実験をすでに開始している。

 今回の実験は、経済産業省 資源エネルギー庁の委託を受けて、新日本石油、NEC、日本ユニシスの3社が共同で実施している実証事業の実証テーマのひとつ。この事業において日本ユニシスは、「カーナビなどを活用した充電器設置情報および空き情報の提供」を担当している。

 実験内容は、青森市内にあるENEOSのサービスステーションに設置された急速充電器を含め、充電器設置場所の位置情報や空き情報をカーナビで把握できる充電インフラシステムを提供、「EV・PHVタウン」のひとつである青森県の取り組みと連携した試験運用を行う。

 ※ZDNet Japan Staff 2010年1月19日 19時19分