二人乗りで、加えておみやげを詰める程度の大きさの自動車。
 走行距離は通常100キロ、予備で20キロくらい。
 そんな自動車ならば資源は少なくてすむだろう。

 それをパブリカにするんだね。
 懐かしいトヨタの商標ではなく、本当の意味でのパブリックカーで、シェアリングを主な用途にする。

 初期の会費を払って会員になれば、あとは一日単位の利用料金で使用できる。

 家族の数が少なくなっているこの頃、ほとんどの場合一人か二人が乗れればいいのではないかな。

 かなりコンパクトになるので、指定された路側に停車や駐車が可能だ。

 これをカーナビと誘導ライン運行すれば免許すらいらないじゃないか。

 意欲的な観光地や店では「都心から80キロ、有料駐車場で充電サービス完備」とか「悪天候でも充電保証」とかといった言葉が誘い文句になるだろうな。