今日は学校訪問でした。
 教育長さんや指導課長さんから、本校の地域行事や、音楽活動、国際交流についての感想があり、「特色がたくさんあるね」とお褒めいただきました。
 また、課題をきちんと示し、一人一人の学習状態をよく把握し、子どもの学習に声をかける担任の先生の姿がとても良いと褒められました。
 学校訪問というのは学校の通知票みたいなモノなのです。

 で、明日は万博。35年ぶりの万国博覧会が子どもたちに何を残すのか?
 10年後、20年後、そして何十年か後に子どもたち(そのころにはおじさのばさん? おばあさんおじいさん?)が何を語るのか?
 そんな話の種になればいいのだがなあと、私なりに未来を見ています。

 この件で質問がありましたら、右下のコメントをクリックしてご記入下さい。

 人気blogランキングへ